浮腫(むくみ)について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

私は今までに勉強してきた様々なことをまとめています。
それを皆さんをシェアしていきたいと思います。

 

それでは毎週一つづつアップしていくのでお楽しみに!!(*^^)v
No 1.「浮腫(むくみ)」について

浮腫(むくみ)とは、血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し
皮膚と皮下組織内に溜まった状態です。

 

・むくみの原因
同一姿勢によるもの
立ちっぱなし、座りっぱなしの長時間の同じ姿勢でいると
心臓から遠い位置にある足は重力の影響をうけて

 

血管から血液中の水分が滲みやすく
血管内にもどりにくいのでむくみやすいです。

 

冷えによるもの
冷えると、筋肉が硬くなり筋ポンプが働きにくくなり
スムーズに心臓へ戻らず
血液が足からあまり動かずにむくみます。

 

特に女性の方は、筋肉量が男性と比べると少ないので
血行不良となり浮腫(むくみ)やすいです。

 

・注意が必要なむくみ
片足だけのむくみは下肢静脈溜、動脈硬化、血栓などの
病気の可能性があるので病院に受診をすすめます。
もし足の甲まで浮腫してしまうほどひどい時は必ずドクターの診断が必要です。

 

・予防法
ストレッチ、マッサージ、お風呂に入るなどありますが、
ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を動かすことが大事です。
なので歩くことをオススメします。

しかしデスクワークで歩くことができない人は、足首を回したり
 つま先を上・下動かすだけでもいいです。

皆さんも是非予防法など使ってみてください!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

急性腰痛(ぎっくり腰)について かちがわ鍼灸接骨院

こんにちは。

かちがわ鍼灸接骨院(春日井市小野町)の鰐部です。

 

最近は急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)になってしまい、当院を受診される方が多くなりました。
寒くなり筋肉のこわばりが出やすくなったことで、痛めてしまう方が増えてしまいます。

 

ただここで気を付けてほしいのは、腰痛の「原因」『冷えただけではない』ということです。

 

冷えてぎっくり腰になりやすい方は、

元々腰にストレスが掛かっていて

冷えて痛める前からぎっくり腰予備軍だったのです。

 

それは『悪い姿勢』『身体の使い方』『身体の歪み』『筋力不足』『体重増加』『運動不足』などさまざまな原因が考えられます。

 

冷えによって症状が出てしまいましたが、身体の状態を変えていかなければ、またすぐに再発してしまいます。

また、ぎっくり腰で来られるほとんどの方は、痛める前から腰の周囲に違和感を感じています。

 
ぎっくり腰になった、身体に違和感を感じるなど

身体の痛み、不安を取り除きたい方、根本的な原因を取り除きたい方は是非ご相談してください。

 

 

当院では治療だけでなく、

痛みの原因を取り除いていくためのパーソナルトレーニングも行っています。

あなたに合ったオーダーメイドの運動で痛みのない身体作りをサポートいたします。

パーソナルトレーニング  初回体験60分 5000円

TEL 0568-27-8870

・かちがわ鍼灸接骨院(ライフガーデン勝川内)

・パーソナルトレーニングジムEiM(かちがわ鍼灸接骨院内)

愛知県春日井市小野町2丁目1-1
TEL : 0568-27-8870
勝川駅の南東 徒歩6分
駐車場350台

 


かちがわ鍼灸接骨院

所在地:春日井市小野町2丁目1-1

電話:0568-27-8870

https://www.heart-medical.co.jp/shop/kachigawa.html

鵞足炎 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 

鵞足炎とは、繰り返しの膝の運動で引き起こされる、膝の慢性的な炎症です。

 

膝は「曲げ伸ばし」を行う部位であるため、靭帯や腱が骨との摩擦によって傷つき、炎症を起こすことがあります。その結果、鵞足炎や鵞足滑液包炎を含む、さまざまな膝の障害が現れます。

 

・原因
過度なスポーツや運動
合わない靴、安定しない足元での運動
筋膜の癒着 など

 

・症状
膝に痛みを感じるようになります。主に痛みが現れるのは、足の内側の膝から、すねにかけてのあたりといえます。このあたりは、鵞足を構成している3つの腱(縫工筋・薄筋・半腱様筋)と、脛骨がつながっているところです。痛みは階段の上り下りのときに感じやすくなります。

 

治療法
当院ではコンプレフロスという専用のゴムバンドで鵞足の筋膜の癒着をはがし、痛みの原因に直接アプローチします。他の接骨院では鵞足を構成している筋肉をマッサージで緩めて、鵞足にかかる負荷を減らし、安静して治るのを待ちます。


なので、痛みの根本原因を見つけて、力の入り具合に関係している浅筋膜の異常か、慢性的な炎症による深筋膜の異常かを詳しく検査して治療していきます。一回の施術で大きく症状が改善していきます、お困りの方は当グループ院にご相談くださいね。

 

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/

浮腫(むくみ)について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

私は今までに勉強してきた様々なことをまとめています。
それを皆さんをシェアしていきたいと思います。

それでは毎週一つづつアップしていくのでお楽しみに!!(*^^)v

 
No 1.「浮腫(むくみ)」について

浮腫(むくみ)とは、血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し
皮膚と皮下組織内に溜まった状態です。

 

・むくみの原因
同一姿勢によるもの
立ちっぱなし、座りっぱなしの長時間の同じ姿勢でいると
心臓から遠い位置にある足は重力の影響をうけて

血管から血液中の水分が滲みやすく
血管内にもどりにくいのでむくみやすいです。

 

冷えによるもの
冷えると、筋肉が硬くなり筋ポンプが働きにくくなり
スムーズに心臓へ戻らず
血液が足からあまり動かずにむくみます。

 

特に女性の方は、筋肉量が男性と比べると少ないので
血行不良となり浮腫(むくみ)やすいです。

 

・注意が必要なむくみ
片足だけのむくみは下肢静脈溜、動脈硬化、血栓などの
病気の可能性があるので病院に受診をすすめます。
もし足の甲まで浮腫してしまうほどひどい時は必ずドクターの診断が必要です。

 

・予防法
ストレッチ、マッサージ、お風呂に入るなどありますが、
ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を動かすことが大事です。
なので歩くことをオススメします。

しかしデスクワークで歩くことができない人は、足首を回したり
 つま先を上・下動かすだけでもいいです。

皆さんも是非予防法など使ってみてください!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/

五十肩について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

11月も中旬を過ぎ、だいぶ朝晩の気温の冷え込みが激しくなってきましたね。

 
今回は五十肩について3回に分けて説明をさせて頂きます!
第1弾は五十肩についての説明と症状についての説明です。

 
五十肩とは?
50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されている。五十肩には特に誘因が認められないことが多く、ときに軽微な外傷の繰り返しの後に肩の不快感や疼痛で発症する。好発年齢は40~60歳代です。

 

五十肩の症状について
「朝、着替える時に肩が痛くて腕が上がらない」「突然、肩周辺に強い痛みを感じる」などの症状などがあります。
痛みが急性期の場合だと夜中寝ている際に痛みが出たり、安静にしているだけでも痛みが出る場合などが見られます。
またこれらの症状には腱板損傷などと似たような症状になりますので鑑別が必要となってきます。

 

これらの症状でお困りならぜひ一度当院に御相談下さい。
次回は治療についてのご説明をさせて頂きます!

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

コンプレフロス おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
守山区瀬戸街道沿いにあるピンクの看板が目印!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です!!

 
朝晩がすっかり冷えてきましたね。
明け方足が痙攣したりしていませんか??
それは、血行不良が原因です!!
体からのサインですよ!!
なかなか治らない方は一度ご相談くださいね!

 

さて、今回は施術のご案内です!!
メニュー①
【コンプレフロス】
これはコンプレフロスというゴム状のバンドを使い【fascia】と呼ばれる軟部組織の癒着を剥がし、疼痛の緩和、除去、可動域の改善を図る施術です。
テニス肘、野球肘、オスグッドなどのスポーツ疾患やなどのドケルバン腱鞘炎、バネ指など日常の使いすぎによるものまで多岐に渡ります。

 

 

なかなか治らない方、変化の出ない方などにおススメです。
是非一度、ご相談くださいね。
※お身体の状態によりできない場合もあります。

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/

筋膜について もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の谷川です。

 
最近では、筋肉や筋膜が多く出版されています。その中でも筋膜をリリースという話題が沸騰しています。今回は筋膜についてお話をさせていただきます。

 

まず、筋膜とは何か?

筋膜は筋肉を覆っている膜で、体中にウェットスーツみたいに張り巡らされています。 表層から深層まで立体的に包み込み、組織を支える第二の骨格としての役割があります。

筋膜の構造

筋外膜・・・筋肉の全体を覆っている最外層のもの

筋周膜・・・いくつかの筋線維を束ねって覆っているもの

筋内膜・・・筋線維一本一本を包み込んでいるもの

 

筋膜が果たす4つの役割

・身体を支える
・老廃物の排出
・痛みのセンサー
・スムーズな運動の連携

 

①体を支える
筋膜は、筋肉以外にも骨や内臓についており、形状が崩れないように支持しています。また、弾力の性質あるので、力の伝達に活用されています。

 

②老廃物の排出
筋膜の線維と線維の間に基質が存在しています。その中は血管やリンパが通過しています。筋肉に溜まった老廃物はうまく筋膜を介し、血管やリンパに流れ排出されます。

 

③痛みのセンサー
人体の中で感覚神経の受容器は筋膜に多く存在しています。
筋膜の受容器が反応するときはどういう場合か?

1 痛み
2 圧力
3 振動
などに感知し、信号を脳に送ってくれます。

 

④スムーズな運動の連携

筋膜は全体の筋肉を覆い、つながっています。そのため伸び、縮みを行って力の運動効率をあげることに役立っています。

筋肉が収縮すると筋膜の層同士が滑走しあっています。しかし、筋膜が癒着などを起こすとなめらかな滑走ができず運動器に障害が出ます。

 

1次障害(損傷した後、起こす障害)としては、
・創傷治癒の遅延
・発痛物質、疲労物質の蓄積による痛み
・神経伝達速度を低下
・血液の循環不良

 

2次的障害(原因から全体に広がる障害)に続くと、
・姿勢不良
・代償動作
・運動効率の低下
治療

 

筋膜リリース

筋肉にある痛みもしくは癒着しているところにアプローチを加えていきます。
引きはがしたり、引き離して行うことで正常な正しい状態戻してあげる方法があります。

例は、 ストレッチポールを使い、転がすことで癒着したところ剥がす為の道具です。
他には、手技療法もあげられます。

 

コンプレフロス
特殊な天然ゴム線維で末梢から中枢にかけてバンドを巻き、一気に開放を行うことにより血液の循環を促進させます。また、バンドで摩擦力を利用して皮下と筋膜の癒着をはがすます。

などがあげられます。

今、当院ではコンプレフロスを使い、筋膜に対して治療を行っています。患者さんの中に腕の痛み、腰の痛みなどに治療を行っております。もし、痛みに対してお困りがありましたら当院にお越しください。
お待ちしております。

 

もりやま鍼灸接骨院エキテンHP
http://www.ekiten.jp/shop_6060239/review/


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

足のトラブル もりやま鍼灸接骨院

こんにちは

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の矢澤です!

 
最近は空前のマラソンブームです。健康増進から競技レベルまで様々な方が、よく走るようになりました。そんな中で必ずランナーが遭遇するのが、『足のトラブル』です。股関節、膝、足関節等に痛みを抱える方は少なくありません。今回は『外くるぶしの外側が痛い』と訴えられていた患者さんが、一回の治療で著効した症例を簡単に紹介します。

 

60代の女性の方で、毎日7キロ強走ることを日課にしています。
10日前より右外くるぶしの外側が痛くなり、今では歩行荷重時でも激痛が走ります。病院で診てもらったが全然よくならないと来院されました。

 

よく走ること、痛みの部位から、『腓骨筋腱炎』であると判断しました。右足のアライメントも右側のみ外反気味です。

 

大事なのはなぜ炎症が起きてしまったか?です。
走る動作は腰の回旋→股関節の屈曲→膝の屈曲→足関節の伸展→
と下肢の一連の動作が行われているので、どこか一つが崩れているだけで、雪崩式のように連鎖していきます。話を伺うと、左の臀部に違和感を持っていることがわかりました。そこで骨盤に注目すると、左右で非対称でした。
ですから、右くるぶしの痛みを除去しても、左臀部の違和感が残る限り、再発する可能性があります。

 

治療としては
① 腓骨筋に対する鍼治療
② 骨盤に対するバランス整体
を行いました。
術後から痛みの軽減がみられ、次回来院時は痛みの度合いが半分になっていました。
これからは痛みの出ない体づくりを目指して継続されています。

 

結果には原因があります。痛みにも原因があります。
根本原因はどこかを探し、適切な処置をすることが、今後長く競技を続けていくコツになると思います。

 

もりやま鍼灸接骨院エキテンHP
http://www.ekiten.jp/shop_6060239/review/

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://moriyama-shinkyusekkotsu.com/

冷えや肩こりについて かちがわ鍼灸接骨院

こんにちは!!

かちがわ鍼灸接骨院(春日井市小野町)の清水です!!

 
最近いきなり気温が下がり寒い日が続いています。
寒い日は体調を崩しやすいので十分に気を付けてくださいね。

 

本日は冷えについて詳しく書いていきます。
冬場はもちろん、「夏なのに体が冷える」「肩が凝り固まっている」「足のむくみが取れない」・・・など、なんとなく気になる体の不調ってありますよね?
そんな不調の鍵を握っているのが“自律神経”なんです。

自律神経は、血行や代謝、体温調節など体のさまざまな働きをコントロールしています。

それが乱れてしまうと、血行が悪くなり、冷えや肩こり、むくみなど、体のあちこちに不調が出てきてしまいます。
快適で健康的な毎日を送るためには、自律神経のしくみを知った上で、
乱れてしまった自律神経を整えるセルフケアが大切です。
自律神経を整えて、血行を改善し、“不調”か“快調”にシフトチェンジしましょう。

 

 

自律神経ってなに?

自律神経は、脳の視床下部から全身に行き渡っている末梢神経のひとつで、血行や消化吸収、体温調節などを24時間休むことなくコントロールしています。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられます。交感神経は、心拍数をあげたり血管を収縮させたりするなど体をアクティブにする働きを持ち、副交感神経は、心拍数を下げ血管を拡張させるなど体をリラックスさせる働きを司っています。

車にたとえると交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキのようなもの。それが交互に強く働いて、体をコントロールしているのです。

 

交感神経と副交感神経は片方が活発なときは、もう片方の働きが抑えられるというバランスで働いています。そして昼間は交感神経が活発で、夜は副交感神経が活発という1日のリズムを持っているのです。

 

交感神経が活発になりはじめる朝にきちんと起きて行動を始める。反対に副交感神経が活発になりはじめる夕方からはゆっくりと心身を落ち着け、その働きがピークに達する時間はしっかりと眠る。そんな自律神経のリズムに合わせて生活することが健康につながります。

 

 

自律神経が乱れると冷えや肩こりに
冷えやむくみ、肩こりなどの症状の多くは、血行の悪さが原因です。
自律神経は、血管の周りに巻き付いており、ストレスなどで交感神経が働きすぎると、血管が収縮し、血行が悪くなります。反対にリラックスして副交感神経が活発になると、血管が拡張して血行が良くなるのです。

血行を良くするためには、血行と密接に関係している自律神経を整えることを考えましょう。自律神経を整えるのには落ち着いたしっかりとした呼吸が大事になります。

まずはゆっくりと鼻から吸い、口から長めに吐きます。
細かいところやわからないところは当グループ院の施術者に聞きましょう。
当グループ院では、冷えなどでひどい肩こりなど、その他のさまざまな症状に対する
治療をご用意しております。患者様にぴったりの施術をさせていただきます。
お身体の不調やお悩みはお近くの当グループ院へご相談ください。

 


かちがわ鍼灸接骨院

所在地:春日井市小野町2丁目1-1

電話:0568-27-8870

https://www.heart-medical.co.jp/shop/kachigawa.html

副腎疲弊の時期 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

“最近疲れが取れない”なんてことはないですか?

夏から秋にかけて疲れが取れにくくなることを
副腎疲弊(アドレナルファティーグ)と言います。

今回はそのメカニズムと対処法について書いていきます!

 

この季節の変り目にはストレス下で分泌がされやすい、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが多く分泌されます。
(いわゆるホルモンバランスのみだれ)

 

このコルチゾールは免疫力を下げる効果があります。
ことわざに“バカは風邪をひかない”とありますが、ストレスを受けにくい人はこのコルチゾールの分泌量が増えにくい為、免疫力が下がらず風邪をひかないといえます。

 

このコルチゾールは副腎皮質と呼ばれるところから分泌されるのですが、この過剰な分泌で副腎に負担がかかって副腎疲弊になります。

 

症状は漠然とした体調不良で“はっきりしない”感覚を抱えます。

 

対処法としてはビタミンCの摂取が良いとされています。
ビタミンCはどれだけ摂取しても体に害がないとされているので、気軽に取ってみると良いかもしれません。

 

但し注意したいのは、ビタミンCのサプリメントは凝固剤などビタミンC以外のものも含まれているので、ビタミンCだけ取っているつもりでも他の物を大量摂取してしまう可能性があります。

 

そのため、粉末タイプのアスコルビン酸(ビタミンCのこと)を取るとより安全かもしれません。

ビタミンCを取って疲れにくい冬にしましょう!

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/