胸郭出口症候群 ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋医名東区)の服部です!

 

最近の天候は暑い日もあれば寒い日もあることから、
衣替えをいつにするか個人的に迷っているところです笑

 

気温差が出るこの時期に多いのが、腕や肩、首のこり、疲れ、痺れです。
この症状が主となる疾患に 胸郭出口症候群 があります。

 

胸郭出口とは椎体と椎体(骨と骨)から出た神経や動脈、静脈が
周りを取り囲む骨や筋肉を貫く通り道のことを指します。

 

原因は不良姿勢(猫背)、肥満、なで肩の方(特に女性)、
肩や腕の使い過ぎなど原因はさまざまであり、全てに共通して
胸郭出口のサイズを小さくしている」ことが言えます。
→→→結果的に小さいことで組織を圧迫してしまいます。

 

症状は首、肩、腕、手の様々な領域における痛み、前腕と指の痺れ、
手の脱力感、腕のむくみ、手や腕が疲れやすいなどです。
これらの症状に加えて物を持ち上げることができない、
肩や腕の動く範囲が制限される場合があります。

 

予防としては上記で示した症状がみられた際は、肩の上に重い物を乗せないことです。
なぜなら乗せることで鎖骨を圧迫し胸郭出口の内圧を高めてしまうからです。
上肢の痺れや痛み、倦怠感などの症状に最適な治療としては
当院独自の HM式神経筋矯正 がおすすめです!!
痛みの根本にアプローチすることで痛みの出にくい身体にしていき、
日常生活をより良くするためのサポートをさせて頂きます!!
この記事を読まれた方で今回紹介した症状に該当し、実際に困っているという方は
お気軽に当院までお問い合わせください。お待ちしております。

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060